環境衛生科学研究所


09 / housing / Tokyo











長崎市郊外に建つ、水質や大気の科学分析を行う企業の本社屋である。敷地周辺は、経済的な鉄骨の物流倉庫が建ち並ぶ地域的特色の乏しい環境である。そうした場所に地域環境を意識した社屋をとの要望があった。限られたコストの中で、研究所という合理性が求められる空間にいかに 風土性を加味するかということが設計のポイントとなった。鉄骨による近代的な構造と地場で採れる土を利用した左官がもつ表情の豊かさを組み合わせることで新たな環境共生型建築の可能性を模索した。











長崎市郊外に建つ、水質や大気の科学分析を行う企業の本社屋である。敷地周辺は、経済的な鉄骨の物流倉庫が建ち並ぶ地域的特色の乏しい環境である。そうした場所に地域環境を意識した社屋をとの要望があった。限られたコストの中で、研究所という合理性が求められる空間にいかに 風土性を加味するかということが設計のポイントとなった。鉄骨による近代的な構造と地場で採れる土を利用した左官がもつ表情の豊かさを組み合わせることで新たな環境共生型建築の可能性を模索した。











長崎市郊外に建つ、水質や大気の科学分析を行う企業の本社屋である。敷地周辺は、経済的な鉄骨の物流倉庫が建ち並ぶ地域的特色の乏しい環境である。そうした場所に地域環境を意識した社屋をとの要望があった。限られたコストの中で、研究所という合理性が求められる空間にいかに 風土性を加味するかということが設計のポイントとなった。鉄骨による近代的な構造と地場で採れる土を利用した左官がもつ表情の豊かさを組み合わせることで新たな環境共生型建築の可能性を模索した。











長崎市郊外に建つ、水質や大気の科学分析を行う企業の本社屋である。敷地周辺は、経済的な鉄骨の物流倉庫が建ち並ぶ地域的特色の乏しい環境である。そうした場所に地域環境を意識した社屋をとの要望があった。限られたコストの中で、研究所という合理性が求められる空間にいかに 風土性を加味するかということが設計のポイントとなった。鉄骨による近代的な構造と地場で採れる土を利用した左官がもつ表情の豊かさを組み合わせることで新たな環境共生型建築の可能性を模索した。











長崎市郊外に建つ、水質や大気の科学分析を行う企業の本社屋である。敷地周辺は、経済的な鉄骨の物流倉庫が建ち並ぶ地域的特色の乏しい環境である。そうした場所に地域環境を意識した社屋をとの要望があった。限られたコストの中で、研究所という合理性が求められる空間にいかに 風土性を加味するかということが設計のポイントとなった。鉄骨による近代的な構造と地場で採れる土を利用した左官がもつ表情の豊かさを組み合わせることで新たな環境共生型建築の可能性を模索した。











長崎市郊外に建つ、水質や大気の科学分析を行う企業の本社屋である。敷地周辺は、経済的な鉄骨の物流倉庫が建ち並ぶ地域的特色の乏しい環境である。そうした場所に地域環境を意識した社屋をとの要望があった。限られたコストの中で、研究所という合理性が求められる空間にいかに 風土性を加味するかということが設計のポイントとなった。鉄骨による近代的な構造と地場で採れる土を利用した左官がもつ表情の豊かさを組み合わせることで新たな環境共生型建築の可能性を模索した。